マンション売却に必要な諸費用をなるべく小さくしよう

マンション売却には取引時に様々な費用が発生

マンション売却には、必ずその物件の取引をする時に必要になる様々な費用が存在します。
その費用を正しく計算することによって、初めて利益を確定させることができますので曖昧な計算をしないように注意をしなくてはいけません。
私も、最初はこの経費の計算を間違えて損をしたことがあります。
例えば、マンション売却を行うときにはその物件を買いたい人と売りたい人が面と向かって直接交渉をするというわけではありません。
不動産売買では、当事者同士が面と向かって話し合いを行ったり契約を進めたりするということがないわけです。
つまり、私が誰かと交渉をするわけではありません。

中古マンション売却後はどうなるの?
当日の決済の流れはこのようになります。

https://t.co/4adQsj8bry #中古マンション  #売却後

— マンション売却プロ (@Mansion_Pro) 2019年2月10日
では、どのようにしてマンションの取引というのは進めていくのでしょうか。
これは、仲介業者やマンション管理業者に依頼をして売却をしたいマンションを宣伝してもらう必要があります。
一般的には、これらの会社に相談をすればいつまでにどの程度の価格で販売することができるかということをシミュレーションをしてくれます。
もちろん、その通りに売れるかどうかということはわかりませんが、こういった業者にきちんと任せておかないと売却すること自体ができなくなってしまうので気をつけておかなくてはいけません。
私も、最初はネット上などでも気軽に取引をしても良いと考えていました。

マンション売却には取引時に様々な費用が発生 / マンションを初めて売却した結果は? / 売却時は専門の業者に依頼して手続きを進める / 諸費用についても事前に知識を持っておくのが良い